ふくしまの植物たち

暖帯から温帯への移行地帯に位置する福島県は、
多様で豊かな生育環境をもつことで知られています。
『文化福島』では平成7年からこうした福島県を特徴づける植物たちを
「北限植物」と「絶滅危惧種」の二つに分けて紹介しています。

北限植物

絶滅危惧種

 

北限植物

「これ以上、北には分布しない」とされるのが北限植物です。
身近な植物でありながら、意外と福島県が北の限界であったりします。

※写真や名前をクリックすると、詳しい説明文をご覧いただけます。


コシダとウラジロ

 

マツバラン

 

ヒノキ

 

カンスゲ

 

コアジサイと
その仲間たち

 

マメヅタラン

 

ツワブキ

 

ヘラシダ

 

カビゴケ

 

ウニバヨウジョウゴケ

 

ハナネコノメ

 

アカヤシオ

 

ナガバノスミレサイシン

 

ヨウラクラン

 

ムベ

 

ジャケツイバラ

 

コウリンカ

 

クモラン

 

ナンキンナナカマド

 

オオクボシダ

 

サネカズラ

 

タチシノブ

 

ユズリハ

 

ネコノシタ

 

ヤマザクラ

 

ハナウド

 

ヒメウツギ

 

クサアジサイ

 

ムギラン

 

カニクサ

 

カクレミノ

 

イロハカエデ

 

タラヨウ

 

イノモトソウ

 

オオバノハチジョウシダ

 

フユイチゴと
ミヤマフユイチゴ

 

ムカゴネコノメ

 

サツキ

 

シラン

 

クサタチバナ

 

ハマナデシコ
(フジナデシコ)

 

ツクバトリカブト

 

アズマヤマアザミ

 

カラスウリ

 

コクラン

 

ヒナヒゴタイ

 

コモチシダ

 

セツブンソウ

 

コモウセンゴケ

 

スダジイ

 

フユザンショウ

 

ヤブニッケイ

 

ハコネウツギと
ニシキウツギ

 

シシラン

 

ホラシノブ

 

ダンコウバイ

 

ツボクサ

 

イワギボウシ

 

ホウライシダ

 

クスノキ

 

 

 

絶滅危惧種

生育環境の変化によって本県から姿を消してしまうかも知れないと
危惧されている植物たちです。

※写真や名前をクリックすると、詳しい説明文をご覧いただけます。

アズマホシクサ

 

アンドンマユミ

 

ウキゴケ

 

0009ハマカキラン.jpg (16891 バイト)

ハマカキラン

 

ムシャリンドウ

 

タコノアシ

 

トキソウ

 

オオミズゴケ

 

オオニガナ

 

キセワタ

 

イヌノフグリと
その仲間たち

 

シバナ

 

カヤラン

 

ナンブワチガイソウ

 

ハマナス

 

ビャッコイ

 

コアツモリソウ

 

アサザ

 

ハクウンラン

 

 

コシノヤバネゴケ

 

カワツルモ

 

キキョウ

 

ムラサキミミカキグサ

 

 

「ふくしまの植物たち」のトップに戻る

福島県文化振興事業団のトップページに戻る